多重債務に陥った場合の対処法とは

借金減額交渉すこしばかり現金が必要だいう状況で、消費者金融や銀行のカードローンで現金をキャッシングすることがあるだろうと思います。
かつて消費者金融は、多くの貸し付けを行なっていましたが、総量規制(年収の3分の1を超える貸付を禁止)の影響で融資残高を減すことが求められ、他方で銀行のカードローンは総量規制の対象外のため融資残高を伸ばしました。
何よりも、高金利であることや簡単に借入をすることができることもあり、借入額が返済能力を超えてしまっている人も多数そんざいします。このような人達を多重債務者と呼びます。

近頃は、銀行系カードローンの借入が増加し、返済不能となったあげくに破産に至っている方が多いように思われます。

実際的に、2016年より個人の自己破産申立件数が下げ止まりの状況を示しているようです。そこで、借金を返済できなくなった場合の解決策をご紹介します。
借金が返済できない場合の解決策で法律上の対処法としては、

①自己破産
②個人再生
③任意整理
④特定調停

以上、4つがあります。

今回は自己破産につて考えてみましょう。

 

「自己破産」は簡単に言うと借金を0にするため手続です

但し、厳密に言うと破産手続は、債務者の財産を債権者に配当する手続で、裁判所によって手続は進められます。

ひとつの例として、多重債務者が100万円の財産を所持し、500万円の負債を抱えている場合、財産の100万円を債権者に平等に配当するのが破産です。

分配後は400万円の負債が残高として残りますが、その後に、裁判所から「免責許可決定」の裁可を受けることによって借金が0、いわゆる「借金の棒引き」が認められて借金を返済する義務が無くなります。

このように自己破産までいかなくても任意整理を選ぶ人たちが一番多いです。いわゆる借金減額をすれば何とかなると考える人に適しています。成功するには金融会社と交渉してくれる弁護士を選ぶのコツです。

借金減額について弁護士に相談し、金融会社と交渉してもらうのがあと腐れもなく安心確実です。