多重債務に陥った場合の対処法とは

借金減額交渉すこしばかり現金が必要だいう状況で、消費者金融や銀行のカードローンで現金をキャッシングすることがあるだろうと思います。
かつて消費者金融は、多くの貸し付けを行なっていましたが、総量規制(年収の3分の1を超える貸付を禁止)の影響で融資残高を減すことが求められ、他方で銀行のカードローンは総量規制の対象外のため融資残高を伸ばしました。
何よりも、高金利であることや簡単に借入をすることができることもあり、借入額が返済能力を超えてしまっている人も多数そんざいします。このような人達を多重債務者と呼びます。

近頃は、銀行系カードローンの借入が増加し、返済不能となったあげくに破産に至っている方が多いように思われます。

実際的に、2016年より個人の自己破産申立件数が下げ止まりの状況を示しているようです。そこで、借金を返済できなくなった場合の解決策をご紹介します。
借金が返済できない場合の解決策で法律上の対処法としては、

①自己破産
②個人再生
③任意整理
④特定調停

以上、4つがあります。

今回は自己破産につて考えてみましょう。

 

「自己破産」は簡単に言うと借金を0にするため手続です

但し、厳密に言うと破産手続は、債務者の財産を債権者に配当する手続で、裁判所によって手続は進められます。

ひとつの例として、多重債務者が100万円の財産を所持し、500万円の負債を抱えている場合、財産の100万円を債権者に平等に配当するのが破産です。

分配後は400万円の負債が残高として残りますが、その後に、裁判所から「免責許可決定」の裁可を受けることによって借金が0、いわゆる「借金の棒引き」が認められて借金を返済する義務が無くなります。

このように自己破産までいかなくても任意整理を選ぶ人たちが一番多いです。いわゆる借金減額をすれば何とかなると考える人に適しています。成功するには金融会社と交渉してくれる弁護士を選ぶのコツです。

借金減額について弁護士に相談し、金融会社と交渉してもらうのがあと腐れもなく安心確実です。

闇金は見た目だけでは分からない

闇金被害最近、大ヒットしたマンガやドラマのせいで、闇金と言われると怖い容姿をして暴力をふるうようなイメージを持つ人も少なくないでしょう。

しかし近頃の闇金は、パッと見てはそんな風にと分からない場合がほとんどです。清潔感のある事務所を構え、スタッフはスーツスタイル、女子社員接客して、とてもフレンドリーに応対してくれます。「この会社は優良だ」と安堵させてしまうのです。

そして延滞なく返済をしている間は優しい顔をしています(メチャメチャな利息を払わされてはいますが)。しかし、ただの一度でも返済が遅れると、連日の催促が止まらなくなり、闇金の怖さに気づくのです。

より以上に手の込んだ闇金になると、仲間のヤミ金業者を紹介して、複数の闇金からさらに搾り取られてしまいます。。

~返済しないと怖い人たちが取り立てに~
かねてから、借金取りといえば「怖いオジサンたちが押しかけてくる」というイメージがあります。
「今は何とか返済をしているけれど、もし返済できなかったらどういう状況になるのだろう・・・」そんな不安を抱えている方もたくさんいるでしょう。

【貸金業法で禁止されている行為】
禁止されている行為は次のとおりです。

ドラマや漫画などで見かけたことのあるような行為は、全て法律で禁止されています。

・正当な理由なく21時~8時の間に取り立てする。
深夜にドアをドンドンすることは違法です。

・大人数で押しかける
怖い人が大勢で押しかけてきたらそれだけで違法です。

・貼り紙をする
玄関や塀、車などに「金返せ!」などと貼る行為は、禁止とされています。

・勤務先への訪問
勤務先へ訪問して取り立てすることはできません。勤務先だけでなく、居宅以外の場所への訪問、電話、FAX、電報も禁止です。

・暴力的な態度、罵声や暴言
当たり前ですが暴力自体も違法。態度や言葉で脅すことも禁止です。

・「他の業者から借りて返せ」と要求すること。
一番最初に言われそうですが、これも違法です。

・家族や第三者への取り立て
家族はもちろん、親戚や友人など、保証人でない人への取り立ては禁止。また、これらの人が否認しているのに、協力するように要求することも禁止です。

・弁護士や司法書士が介入した後に本人への取り立て行為をすることは禁止です。
取り立て、自宅訪問や電話でのコンタクトも禁止となります。

闇金被害に遭っている方は今すぐ相談しましょう。

借金するにも頭がいる

2010年より以前にカードローンを利用したことがあるなら、いわゆる過払い金と言う、戻ってくるお金があるかも知れません。
過払い金が見つかれば、過払い金請求をすることで返してもらうことが可能です。

ただ、債務整理の扱いと同じになるため、借入をしている間は請求をするのと同時に返済も一括でしなければ残念なことにブラック扱いとなってしまいます。
本来完済後に行なうものなので過払い金の請求は必ず完済後に行いましょう。

当然ですが、カードローンは無料ではないので、それなりの金利を払う必要があります。
実際の金利は業者によって差があるものの、ほとんどの場合、融資が高額であるほど低い金利になっていきます。
この金利は一定ではなく、融資額が少額だと、金利が一番高いものによっての取引がおこなわれるようです。

また、金利というのは、一日ごとの日割りで計算されています。
残念にもカードローンの審査に落ちたなら、原因はなんだったのか頭を働かせましょう。

大抵の業者で似たような審査を実施しているので、どうしてそうなったか心当たりをつけない限り業者が変わったところで良い結果になるとは考えにくいでしょう。多くの人の場合に収入に対する願望額というのが大きいこともありますから、次の審査を考えるなら願望額を減らして申込んでみるといいかも知れませんね。都合よく使えるカードローンも、いい加減な利用をしていれば後に影響を与えてしまいます。たった一度であっても返済が遅れた場合、今後他の契約を考えたときに障害となってしまいます。
代表的な住宅や車の他にも、最近では趣味で音楽機材などのまあまあ高価なローンを検討しているときに、もし返済が遅れたことがあれば、それらのローン審査で断られる可能性があります。

返済日を過ぎないように支払いを行なうのは、快適にカードローンを利用する上で大切なことです。借入の限度を年収の三分の一までとするという「総量規制」が適用されるのがキャッシングです。
ただし、この法律については消費者金融のフリーキャッシングとクレジットカードにおけるキャッシング枠を用いた借入で適用されています。金額に関係なく銀行のカードローンの借入は対象外となります。また、どんな契約だとしても、借入先が銀行だったら全て先ほど説明した総量規制の対象からは除外されています。

カードローンも使えないとすると、残るのは闇金です。
基本的には誰にでも貸してくれますが、その代わり激しい取り立てと、1000%を超える法外な金利を覚悟しなければなりません。
一度借りたら、抜け出せない借金地獄です。よく読まれてるサイト⇒ヤミ金被害対策の専門家

冬も体臭予防は必須です

冬になると冷えて血液がうまく行きわたらなくなります。血のめぐりが悪くなると肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、代謝悪くなってしまい、細胞がうまく働かなくなってしまいます。

血のめぐりが改善されれば、代謝がよく活動し、健康的で、美しい肌をつくれるようになます。
また、同時に加齢臭対策などの体臭予防にもなりますので大事なことです。

美容としても、してはいけない洗顔方法なども体臭の原因となり加齢臭などの予防力を保てなくなります原因となります。

コツは力任せにせず優しく洗い、念入りにすすぐことで常に意識して洗う洗顔を行いましょう。体臭予防成分たっぷりの化粧水や体臭予防液などを使用することにより体臭予防力をアップさせることができます。

体臭予防には、ミョウバン、ヒアルロン酸、ポルフェノールなどの成分が含まれた化粧水や化粧品が良いと言えます。

血流を改善することも併せて重要なことですので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行い血の流れを、良い方向にもっていってください。

ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」に含まれるゲル状の物質です。
大変水分を保持する能力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含まれています。年を重ねるに従って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。

いつもは肌があまり乾燥しない人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、顔を洗った後や入浴の後は化粧水を使ったり、乳液を合わせてつけると良いでしょう。
冬になっても体臭が発生するので、体臭予防をサボらないようになさってください。きちんと体臭予防を行うことと血のめぐりを良くすることがこの季節の体臭予防の秘訣です。
購入はこちら>>>>>体臭予防の秘訣

40代からの加齢臭予防対策

冬になるにつれ空気は乾燥していき、肌の水分も奪われがちです。潤いが奪われて肌が乾燥すると肌にトラブルを起こす要因となるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。

潤いが足りないことを防ぐためにも美肌と体臭予防といったケアをしっかりと行うようにしてください。冬季の肌のお手入れのポイントは肌を乾燥させないという意識を持つことです。

ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」と言われるゲルみたいな成分です。体臭予防力が高いため、化粧品や栄養補助食品といえば、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含まれています。

年齢に従って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。肌のカサカサが気になる場合には、セラミドを食事に取り入れてください。セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。

というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような働きもあるため、必要量を下回ると肌の状態が荒れてしまうのです。

体臭予防成分をたくさん含んだ化粧水や体臭予防液などを使用すると乾燥肌の予防、体臭予防力のアップに繋がります。体臭予防に使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が含まれた化粧水や化粧品が良いと言えます。

また、血行を良くすることも大切ですので、ストレッチや半身浴だけではなく、適度な有酸素運動もやり血液循環を改善しましょう。

洗顔は、乾燥肌を予防・改善する上で重視されることです。ここをサボってしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。
そのほかにも、クレンジングやメイク用品も乾燥肌予防力のあるものを使ってください。
さらに体臭予防効果のある入浴剤をおふろに入れたり、お湯をあまり高温にしないというのも非常に有効です。

あわせて読むとおすすめ>>>>>体臭対策も単純じゃない

闇金対策の専門家を探す

一般的に弁護士・司法書士といっても、裏社会の知識がある、弁護士あるいは司法書士を見つけることが必要です。司法書士あるいは弁護士事務所と看板に表示されていても、それぞれ得意とする領域があります。

ことさら裏金融社会は、法律の外で活動している犯罪者集団です。権威がある法律の専門家であっても、戦える相手ではありません。その点については先に記述したように多くの知識及び経験が要求されます。

だとしたら、どうやって合致する弁護士、司法書士を探せるのでしょうか。

一番早く見つけ出せる手段はネット検索です。闇金融問題の対応力を持っている弁護士・司法書士になれば、その能力を表明し、ネット公開しています。

ネットで調べると口コミもありますので、簡単に見つかるでしょう。検索により複数のj候補事務所を選んだら、電話もしくは訪問して無料相談をしてみます。相談は明確に相手に伝わるように闇金との経緯や借金の内容など整理してから行いましょう。

多くの弁護士、司法書士事務所は、相談は電話については無料だけど、面談は有料の場合もあるかもしれませんので確認してください。
なお、2、3の事務所に相談するのは、相談者本人の置かれている現状と適合する弁護士や司法書士を選ぶためです。

見落とされがちなのは、闇金被害が決着した後のことです。考え過ぎかもしれませんが、ヤミ金による報復も無いことはないような・・・。
心配なことは相談している中で解消しましょう。なんせ、検討だけでは何ら解決しません。今日の一番に、勇気を出して相談の電話をして下さい。

法律の専門家にヤミ金問題の解決依頼すれば、費用は闇金1件あたり3~5万円ほどですが、闇金に返済したと考えれば、とてもお買い得だと思うでしょう。そのお金でさえ、手元にないようであれば、依頼費用の後払いや、それに分割支払いにも対応してくれる事務所もあります。

相談は無料で応じている所もありますので、先に話したように2~3カ所の法律専門家の事務所へ相談することは、自分の状況見合った所を探しましょう。もちろん、闇金整理後のアフターケアにも目配りです。
購入はこちら⇒札幌でのヤミ金被害